Home > 会 則

菊 桜 会 会 則

 

第1章 総  則


第1条  本会は菊桜会と称する。

第2条  本会は会員相互の親睦、発展、向上を図り、かつ都立小山台高等学校ならびに
     公益財団法人小山台教育財団等同校関係諸団体との緊密な連絡を保ち、同校の興隆発展と
     社会の教育、文化に寄与することを目的とする。

第3条  本会は次の事業を行う。

     一 会員相互の親睦と研鑽ならびに会員の向上、発展に資する事項

     二 都立小山台高校の発展に寄与する事項

     三 公益財団法人小山台教育財団の運営に協力する事項

     四 社会の教育、文化に資する事項

     五 会員名簿の維持、管理
     六 機関紙等の発行

     七 その他前条の目的を達成するために必要な事項

第4条  本会の事務所は公益財団法人小山台教育財団内に置く

第2章 会  員  

第5条  本会は次の会員で組織する。

     一 普通会員  東京府立第八中学校、東京都立第八中学校、東京都立第八高等学校、

             同併設中学校、東京都立小山台高等学校(以下これらを「母校」という

             )の全日制課程に在籍した者をいう。

     二 特別会員  母校の現旧教員をいう。

第6条  会員は住所・氏名、その他一身に異動が生じた場合、これを本会に通知するものとする。

第3章  役  員  

第7条  本会には次の役員を置く。

     会  長  1 名

     副 会 長  若干名

     監  査  2 名

     幹 事 長  1 名

     副幹事長  若干名

     幹  事  相当数

第8条  役員は幹事総会を構成する。

第9条  会長、副会長、監査は幹事総会の推薦により普通会員の中から総会で選任する。

第10条  幹事は普通会員の中から、各期、班およびサークル・ならびに本会が幹事総会において

     承認した組織毎にその構成員の互選により選出する。

     2.各選出母体が選出する幹事の数は若干名とする。

     3.会長は必要あるときは会員の中から幹事を委嘱しまたその委嘱を解くことができる。

第11条  幹事長、副幹事長は幹事の中から幹事総会において選出し、会長がこれを委嘱する。

第12条  会長・副会長・監査、幹事長、副幹事長の任期は選出時の翌年1月1日より2年とし重任を

     妨げない。

     2.幹事の任期は各選出母体の意に従う。

     3.後任を要する役員に欠員を生じた場合は速やかに後任者を選出する。但し後任者の

      任期は前任者の残任期間とする。

     4.任期の満了または辞任より退任した役員で後任を要する者は後任者が就任するまで

      その職務を行う。

第13条  会長は本会を代表し会務を総理する。

     2.副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代行する。

     3.監査は会務および会計を監査する。

     4.幹事長は会長の統轄の下に本会の業務を執行する。

     5.副幹事長は幹事長を補佐し、幹事長に事故あるときはこれを代行する。

     6.幹事は幹事総会の構成員として本会則に定める職務を行う。

第14条  幹事長は本会業務執行のため幹事の中から相当数の常任幹事を選出することができる。

     2.常任幹事を選出したときは、幹事長は事後の幹事総会にその報告をするものとする。

     3.常任幹事の任期は2年とし重任を妨げない。

第15条  本会に庶務、名簿、会計、広報、企画の各部を置き、各部に常任幹事の中から幹事長の

     推薦を経て会長の委嘱により部長1名を置く。    

     2.幹事長は各部長の推薦を経て会員の中から副部長及び部員若干名を委嘱する。

     3.前条第2項の規定は部長の委嘱について準用し、同条第3項の規定は部長、副部長及び

      部員の任期について準用する。

第16条  本会に顧問を置くことができる。

     2.顧問は幹事総会の推薦により会長これを委嘱する

第4章 会  議  

第17条  本会は毎年1回総会を開く。

     2.総会の時期は11月を原則とする。

     3.臨時総会は必要に応じて開くことができる。

     4.総会は会長がこれを招集し、会長もしくはその指名者が司会する。

     5.総会の議決は出席した会員の過半数でこれを決める。

第18条  総会は次の事項を議決する。

     一 会長、副会長、監査の選任

     ニ 事業報告ならびに決算報告の承認

     三 会則の改正

     四 その他重要な事項

第19条  幹事総会は毎年2回以上開催し、春と秋には定例の会議を開くものとする。

     2.幹事総会は幹事長がこれを招集し、幹事長もしくはその指名者が司会する。

     3.幹事総会の議決は出席者の過半数でこれを決める。

第20条  幹事総会は次の事項を行う。

     一 会長、副会長、監査の推薦とその総会への付議

     二 事業計画ならびに予算の承認。

     三 事業報告ならびに決算報告の総会への付議についての承認

     四 会則改正案の総会への付議

     五 その他本会則に定める事項

第21条  本会には必要に応じて常置ならびに臨時の各種委員会を設けることができる。

第22条  委員会の開設、組織、運営、役割等については、幹事総会において規則をもって別に

     定める。  

第5章 会   計  

第23条  普通会員は入会の際、入会金として金6,000円を本会に納付する。

第24条  普通会員は維持会費として年間金2,000円を本会に納付する。但し卒業後3ヶ年間は維持

     会費免除する。

第25条  本会の経費は、入会金、維持会費、臨時会費、寄付金ならびに利子その他の収入をもって

     充る。

第26条  本会の資産は会長名義により保管する。

第27条  本会の事業および会計年度は毎年9月1日に始まり翌年8月31日に終わる。  

     -、平成28年度については平成28年1月1日に始まり8月31日に終わることとし、
       平成29年度は平成28年9月1日に始まり平成29年8月31日に終わることとする。

第6章 会則改正

第28条  会則は幹事総会の承認を経て総会において出席した会員の過半数の議決あるときに限り

     これを改正することができる。  

第7章 補  則  

第29条  本会の事業および予算について前年度と同様のものは、幹事総会の承認前においても暫定

     的に執行することができる。但し幹事総会には執行状況を報告しその監督を受けなければ

     ならない。

第30条  本会則を執行するに際し、必要に応じて内規、細則等を幹事総会の議を経て設けることが

     でる。  

付   則  

第1条   本会則は平成7年11月10日から実施する。

第2条   本会則は平成6年11月11日に実施の会則(以下「旧会則」という)を旧会則第30条により

     全面改正したものであり、旧会則は本会即実施と同時に失効する。

第3条   本会則実施の日に旧会則上役員であった者は、本会則上同名の地位にある者とみなし、

     その任期の初期については旧会則によるものとする。
第4条  平成27年11月14日 改訂